トップページ の こうべのユニバーサルデザイン の こうべUD大学

「平成25年度こうべUD大学」

 神戸市では、誰もが利用しやすく、暮らしやすいユニバーサル社会の実現を目指して、平成19年度より6年間にわたり「こうべUD大学」を開講し、のべ600人の皆さんがユニバーサルデザインを学びました。日常生活に関わる身近なテーマから、講義やワークショップ、工作などを通して、ユニバーサルデザインについて学んでいきます。

 初めての方でも気軽にご参加できます。ユニバーサル社会について、楽しく学び、考えていきませんか? 

平成25年度 講座開催日

第1回 4月20日(土)「ユニバーサルデザイン総論」

第2回 5月18日(土) 「うみえ&モザイク まちあるき」

第3回 6月15日(土) 「薬のUD」

第4回 7月20日(土) 「ものづくりのUD」

第5回 9月21日(土) 「ファッションのUD」

第6回 10月19日(土) 「スポーツのUD」

第7回 12月21日(土) 「震災とUD」

第8回 1月18日(土) 「食のUD」

第9回 2月15日(土) 「神戸空港のUD」

第10回 3月23日(日) 「こうべユニバーサルデザインフェア」と同時開催で行います。

 

 

講座の様子

  • 【第1回】ユニバーサルデザイン総論

4月20日(土)

神戸市の取り組みの講座 発表の様子

写真① 講義の様子               写真② 発表(まちで見つけたUD)

 第1回目は、こうべ市民福祉交流センターにて、島根大学 大学院 特任教授 田中 直人氏による「福祉とは?」から始まり、

ユニバサールデザイン(UD)に関する講座と神戸市の幸福係長による「神戸市で行っているUDの取り組み」を聞きました。

その後、受講生は「私が見つけたまちの中のUD」を考え発表しました。

【受講生の意見】

●阪神電車のシートは、一人ずつ区切られていて、座りやすい。(60代女性)

●docomoの翻訳コンシェルを応用して、音声が文字に変換できる機能を追加すると良い。(30代女性)

 

 

  • 【第2回】まちあるき

5月18日(土)

ウミエまでの道中 車いすで店の中に入る受講生

 第2回目は、神戸ユニバーサルツーリズムセンター代表の鞍本 長利氏をお招きし、人に優しい街とはどんな街かを考えるために、一行は車いすに乗りながら、ウミエへ向かいました。車いすでの移動、観光、飲食を体験し、いつもと少し違う観点から神戸の街を探索しました。

 

  • 【第3回】薬のUD

6月15日(土)

薬のUDグッズを見る受講生 ワークショップの様子

 第3回目は、兵庫医療大学 非常勤講師でLLCオフィスカラム 代表の石崎 真紀子氏をお招きし、

「薬のUD」を開講しました。日本の薬の軽所の特徴や、誤飲を減らすためのUDグッズの紹介等を

講義で聞いた後、受講生は薬局や自宅での管理、服用の際にどんなことで困っているのか。そして、

どんな解決方法があるのかを班のメンバーと意見交換しました。

 

  • 【第4回】ものづくりのUD

ものづくりの様子 受講生によるものづくりの作品

第4回目は、兵庫県立工業技術センター主任研究員の平田 一郎氏をお招きし、しあわせの村で開

催しました。工具や文字、定規など世に出ているユニバールデザインの物の紹介や考え方を学んだ

後、おゆまるという材料を使用し、自分の手に合ったオリジナルの歯ブラシやスプーンを作りました。

 

 

  • 【第5回】ファッションのUD

 

見寺先生による講座 タオル1枚でできる減災グッズ

第5回目は、神戸芸術工科大学 デザイン学部 教授の見寺先生をお招きし、ファッションを

テーマにユニバーサルデザインについて学びました。講義では、おしゃれがもたらす心身の

健康や、いつも(普段)使えて、もしも(非常時)の時も使えるファッションアイテムの

紹介をしていただい後、ワークショップでは、タオル1枚でできるファッションアイテムに

ついて班で考え、発表しました。

 

 

  • 【第6回】スポーツのUD

ディスコンを楽しむ受講生 優勝チームには、しあわせの村缶バッチメダル授与

第6回目のこうべUD大学は「スポーツの秋」ならぬ「スポーツのUD」を行いました。

神戸アスリートタウンクラブの理事 山本 靖人 氏を始め3人の方々にお越しいただき、

誰でも楽しめる”ディスコン”を行いました。黄色の指標をめがけて円盤を投げ、いかに指標の

近くに円盤を投げることができるかを競うシンプルなスポーツですが、やってみると奥が深く、

受講生たちは、苦戦しながらもチームで楽しく行っていました。

 

 

  • 11月は淡路景観園芸学校へ行ってきました!

豊田先生による講義 淡路景観園芸学校内を見学する受講生

11月2日(土)は「特別見学会」と称して、兵庫県立淡路景観園芸学校へ行ってきました。

講師は、同学校の豊田 正博先生 前半の1時間は、豊田先生による「園芸療法 園芸が心

のケアにどのような効果があるのか」について、後半の1時間は、 学校内の花壇に触れ、

見て、香って楽しみながら、見学をしました。

帰りの道中では、花さじきやサービスエリア ハイウェイオアシスに寄り、

学んで楽しむ日帰り旅行気分で帰宅しました。

 

 

  • 【第7回】震災とUD

講義風景 UDスゴロクの様子

第7回こうべUD大学は、福島県NPO法人ユニバーサルデザイン・結の冨樫 美保 氏を

講師をお招きし、「震災とUD」を行いました。前半の講義は、今、福島県で、仮設

住宅で求められていること、応急仮設住宅とはどういうものかなどのお話しをして

頂きました。後半は「UDスゴロク」という、様々な立場の人となって街中のバリアを

解決していく方法を班のメンバーで考えながら、ゴールを目指すゲームを行いました。

 

 

  • 【第8回】食とUD

講義風景 試食メニュー試食の様子

第8回こうべUD大学は、しあわせの村の宿泊やレストランを運営している株式会社

グリーンハウスの栄養管理を担当している北野 和枝氏を始め、総支配人の吉岡氏、

料理長の黒木氏、サービス責任者の石橋氏、宿泊予約責任者の坂田氏からお話しを

お聞きしました。「あらゆる人から喜ばれるレストラン」となるための様々な工夫、

みんなが同じメニューで食を楽しめるようにと考案された料理等を紹介して頂きました。

受講生は試食をして、食を楽しみながら「食のUD」について考えました。

 

 

  • 【第9回】神戸空港のUD

前原課長による神戸空港案内 田中先生による講義

第9回は、前原 茂樹 氏(神戸空港ターミナル株式会社 営業部課長)と田中 直人 氏

(島根大学 大学院 特任教授)から「神戸空港のUD」のお話しを聞きました。

前半は、前原課長から神戸空港の案内板、トイレ、表示のUDについてお話しと

現地案内をして頂きました。後半は、田中先生から神戸空港のUDがどのような

経緯からできてきたのかをお話し頂きました。

 

 

  • 【第10回】修了式

修了証書授与 集合写真 

第10回のこうべUD大学は、こうべユニバーサルデザインフェアのステージで

修了式を行いました。10回中8回以上出席の方に送られる修了証書は、

今回13名の方に授与されました。ステージでは、3名の方からこうべUD大学に来て

感じたことや学んだことを発表して頂き、その後、こうべUD広場座長の

田中先生よりコメントを頂きました。

 

※受講は随時、電話・FAX・Eメールにてお申込みいただけます。

 平成24年度こうべUD大学【前期】講座の様子はコチラ

平成24年度こうべUD大学【後期】講座の様子はコチラ

 お問合せ先

(公財)こうべ市民福祉振興協会 「こうべUD大学」係

 電話:(078)743-8193

 FAX:(078)743-8180

 Eメール:kouhou@shiawasenomura.org