トップページ の 憩いたい の 自然歩道 の 昆虫類

しあわせの村の自然ガイド 昆虫類

しあわせの村およびその周辺では、これまでに約900種類の昆虫の生息が確認されています。
これほどたくさんの虫たちが見つかっているのは、しあわせの村をとり囲むように自然ゆたかな田園地帯や緑地が広がっているからです。
しあわせの村には、多くの昆虫たちが暮らしており、またしあわせの村に咲き乱れる花々や水辺に誘われて、いろいろな種類の昆虫たちがやってきます。

チョウ

これまでに、しあわせの村では33種、周辺地域をふくめると約40種のチョウが記録されています。

 

チョウの幼虫は、草や木の葉を食べますが、その種ごとに食べる草や木の種類がちがいます。これを食草、食樹とよびます。

 

しあわせの村でよく見かけるアゲハチョウはかんきつ類やカラスザンショウを、キチョウはネムノキやハギ類を、またテングチョウはエノキを食草、食樹としているといったぐあいです。

 

しあわせの村に咲きみだれる花々の蜜をすいに、おとづれる成虫にも、花の種類や色に好みがあります。その他、しあわせの村ではモンシロチョウ、ツマグロヒョウモン、ウラギンシジミ、ヤマトシジミなどのチョウが多く見られます。

画像:チョウ 春 イメージ写真1

画像:チョウ 春 イメージ写真2

トンボ

これまでに、しあわせの村で確認されたトンボは16種類(周辺地域をふくめると約30種類)にのぼります。

 

春になると、しあわせの村のまわりのため池で羽化する春のトンボもありますが、あまり目立つ存在ではありません。何といってもトンボの季節は夏です。ギンヤンマ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボが、しあわせの村の自然観察園などの水辺にやってくるおもなトンボたちです。

 

夏がすぎて秋になると、アカトンボのなかまたちが、しあわせの村のあちらこちらの、こずえやさくの上などに止まっているのが観察されるようになります。夏に羽化したこれらのトンボたちは、いったん付近のハヤシの中や高い山の上で夏をすごした後、繁殖のために、しあわせの村にもどってきます。

画像:トンボ 夏 イメージ写真

画像:トンボ 秋 イメージ写真

自然観察園

野外活動センター、あおぞらの南斜面下につくられたビオトープ(生き物のための生息環境)。

建設2年目の98年、しあわせの村で確認されたトンボ16種類のうち、12種類がこの自然観察園で観察されました。

画像:ビオトープ全体写真

コナラバヤシの昆虫

しあわせの村には、コナラバヤシが残されており、カブトムシやクワガタムシなども見られることがあります。

 

キタテハ、ルリタテハ、サトキマダラヒカゲなどのチョウたち、またスズメバチの仲間も集まってきます。

画像:クワガタ イメージ写真