トップページ の 学びたい の ふれあい体験学習

学びたい(教室・講座・見学・体験学習など)

ユニバーサル体験学習

 

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、
体験学習の内容については、ご相談のうえ実施しています。
何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 写真 ふれあい体験学習の様子

しあわせの村では、車いすを使った実習や視覚障がい、聴覚障がいについての理解を深める学習を実施しています。

 

“みんなにやさしい気持ち”の大切さについて考えてみませんか?

 ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、

 しあわせの村にある社会福祉施設での実習の受付を中止しています。

 

  (1)車いすを使った体験学習
     車いすを利用して介助する側、される側の両方を体験することにより、
     介助するときの 心がまえやエチケット、車いすの操作方法、
     スロープや段差でのガイドヘルプの方法などを学習します。 
  (2)視覚障がいの理解を深める学習
      障がいについての理解とガイドヘルプの方法
  (3)聴覚障がいの理解を深める学習
     障がいについての理解とコミュニケーション方法
  (4)しあわせの村UDスポットめぐり
  (5)障がい当事者講師による講話

   ※(1)~(5)のプログラムよりご希望に合わせて実施します。

  【次のプログラムはご希望に応じて実施します】
   ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、現在は受付を中止しています。

     (1)社会福祉施設実習(平日 午後1時~3時に実施)

 <実習受入れ施設 と 受入れ可能最大人数>
・ワークホーム明友(重度身体障害者授産施設) : 3人
・明友地域交流ホーム(在宅重度身体障害者デイサービス施設) : 3人
・ワークホーム緑友(知的障害者 通所 授産施設) : 8人
・グリーンホーム平成(知的障害者 通所 更生施設) : 6人
・神戸明生園(知的障害者入所更生施設) : 3人
・神港園しあわせの家(特別養護老人ホーム・ケアプランセンター) : 7人
・介護老人保健施設リハ・神戸 : 6人
・株式会社いくせい : 25人
 
 (2)施設見学

神戸リハビリテーション病院(家庭・社会復帰のためのリハビリテーションや生活訓練に重点をおいた施設)

写真 ふれあい体験学習 授業風景1
写真 ふれあい体験学習 学習風景2
写真 ふれあい体験学習 学習風景3

ページの先頭に戻る 

対象

ž   年齢:小学4年生以上
   学校・地域で活動する団体

 

 

実施日

 ◇ユニバーサル体験学習は、月曜日から金曜日に実施しています。

  ※土曜日、日曜日、祝日は実施していません。

 

 ◇社会福祉施設実習、施設見学は現在受付を中止しています。

 

費用

 ◇ 体験学習は無料ですが、学習で使用する会場使用料やパンフレット代金、駐車料金等は、お申込みされた団体のご負担となります。

 ※神戸市内の学校・地域団体については学習に係る費用は無料(駐車料金は有料)

 

 ◇ 利用される方の過半数が65歳以上の方または障がい者手帳をお持ちの方の場合は、会場使用料の割引制度があります。

 

 ◇社会福祉施設実習または施設見学をご希望される場合は、受け入れ施設への謝礼として、別途費用が必要です。

  ※費用の詳細についてはお問い合わせください。

お申込み

内容、日程についてのご相談・お申し込みは「ユバーサル体験学習の係」まで
電話:(078)743-8193 FAX:(078)743-8180(受付時間は平日午前9時から午後5時まで)

 E-mail:udm@shiawasenomura.org

下の申込書に必要事項を記載のうえ、FAXまたはメールでお申し込みください。

 (申込書兼FAX送信書)

※ユニバーサル体験学習は、原則しあわせの村を会場として実施しておりますが、交通事情等やむをえない事情により、しあわせの村での開催が困難である場合は、神戸市内に限り講師派遣のご相談に応じます。

学習会場および学習に必要な用具、機材は、お申込み団体にてご準備ください。

用具の貸出が必要な場合は、下の福祉用具等貸出依頼書に必要事項を記載のうえ、FAXまたはメールでお申し込みください。

 下の福祉用具等貸出依頼書に必要事項を記載のうえ、FAXしてください。

 

 ユニバーサル体験学習申込書兼FAX送信書

 

 福祉用具等貸出依頼書

 

ページの先頭に戻る