1. こころのアート展トップへ
  2. 出展するには?

出展するには?

 

 

対象者

兵庫県内の表現活動を行っている障がい者を対象とします!(自薦、他薦を問いません)

応募できる方は?(①②いずれにも当てはまる方)

1. 兵庫県在住、在学、在勤または通所している障がいのある個人の方(障がいの種類や程・度年 齢等は不問)

2. 日ごろから 表現活動を行っており、応募時点で展示可能な作品がすでに10 点以上ある方。

※他薦の場合は必ず作者の同意を得て応募してください。

作品の規格

兵庫県内の表現活動を行っている障がい者を対象とします!(自薦、他薦を問いません)

平面作品

絵画・書・写真などジャンル、サイズは自田で、展示可能なもの

※発表・未発表は問いません。
※著作権に抵触する恐れのある作品は出展できません。(キャラクターなど)
※音などを使った作品は出展できません。

立体作品

1. 陶芸・彫塑・織物などジャンルは自由としますが、展示可能なもの。

2. 原則として、サイズは縦横・奥行きの合計が300cm以内。
ただし、一辺の最大が150cm以内、作品本体の重量が20kg以下のもの。
※発表・未発表は問いません。
※著作権に抵触する恐れのある作品は出展できません。(キャラクターなど)
※音などを使った作品は出展できません。

応募方法

写真 作品選考の様子

推薦は別紙の応募用紙に写真を添えて!

1. 別紙応募用紙の本人欄に記入のうえ、代表作3作分のカラー写真(L版以上のもの)を添えて郵送してください。(作品そのものの応募は受け付けません。)
※画像は加工しないでください。
※自宅プリンター等で印刷する場合は、高画質の印刷モードにし、写真専用紙を使用してください。
※写真裏に作者名、タイトル、天地および作品のサイズ、素材等を記載ください。。

2. 他薦の場合は推薦者の欄もこ記入ください。

3. 応募の資料は返却いたしません。

募集要項

皆さんの推薦・応募をお待ちしています!

こころのアート展 in しあわせの村2017
※募集は終了いたしました。

「第8回 こころのアート展」 開催までの流れ(2018年)

6月30日(土) 出展作者募集
締め切り(当日消印有効)
7月中旬 出展作者選出
7月下旬 作品の決定・輸送(創作活動の確認)
11月8日(木) オープニングセレモニー
11月8日(木)から
12月2日(日)
作品展
11月11日(日) ワークショップ(創作体験)
12月中旬から 作品の一部返却(作品の一部は巡回展等に展示のため2019年10月頃までお預かりさせていただきます)

 

 

選考について

出展作品を選考します!

選考方法

選考委員会により応募作品から出展候補者を選考し、実際の創作活動を確認したうえで、最終的に出展を決定し、出展する作品を選定します。

選考結果

7月下旬に通知します。
不採用の場合でも、応募用紙および写真の返却は行いません。

選考委員

服部  正 (甲南大学文学部人間科学科 准教授)
宮崎  みよし (美術家・NPO法人リ・フォープ代表)
鍬田  和見 (兵庫県造形教育連盟前会長)
東野  展也 ((公財)こうべ市民福祉振興協会  専務理事)
順不同

作品の取り扱いについて

作品は本作品展の他に巡回展やしあわせの村内施設などで展示します!

  • 展示の様子
  • 展示の様子
  • 写真 カーディーラーでの展示の様子
  • 写真 ホテルでの展示の様子

1. 著作権は作者に帰属しますが、当作品展の広報のための印刷物・ホームページ等に作者の承認を得ずに使用することがあります。
また、上記広報以外に、主催者がしあわせの村での包装紙や装飾等に作品を使用する場合は、作者は当該作品の使用を承認することとし、その使用料については、その都度協議します。

2. 作品の取り扱いについては、万全の注意を払いますが、万一不可抗力による事故が発生した場合は、その責任を負いかねますのでご了承ください。

3. 本作品展で取得した個人情報は、本作品展に限り使用します。

  • お問い合わせはこちら

    TEL078-743-8092、FAX078-743-8180

    〒651-1106 神戸市北区しあわせの村1番1号
    (公財)こうべ市民福祉振興協会事業推進課
    こころのアート展 係
    E-mail:

  • こころのアート展募集要項
  • ※募集は終了いたしました。