1. こころのアート展トップへ
  2. 出展作者と作品2018年度

出展作者と作品

2018年度

秋山 時子

あきやま ときこ

1962年生まれ・神戸市

作者写真

週一度の創作活動には休まず参加され楽しそうに笑顔で描かれていますが、彼女の人柄の様に明るく躍動感のある絵にいつもなります。描くという行為が彼女の輝いている生活の一部になっています。

社会福祉法人 樅の木福祉会 ワークハウスノーブル 創作活動室
室長・支援員 長脊 康雄

大島 節子

おおしま せつこ

1967年生まれ・川西市

作者写真

かぎ針による手編みを長年楽しんできた私が、書と出会い、書きためてきた作品です。車椅子にすわり右足で筆を握り、渾身の力をこめて一筆一筆書きました。タイトルの空は私の目前に広がる大空を自由に私らしく羽ばたいていきたいという思いで書きました。

指定障害福祉サービス事業所 ひまわり荘 支援員 杉浦 弥生

片渕 慎也

かたぶち しんや

1993年生まれ・尼崎市

作者写真

日常の就労作業も集中して取り組む事ができますが、特に絵画になると仕事より集中して取組む事ができます。なにより、絵を習ったこともないのに、アートの才能には「抜きん出たものを」持ち合わせています。全体のレイアウトや物の見方には彼独特の世界があるようで、描いている時は心も落ち着くようです。まだまだ伸びしろを感じる一人です。

一般社団法人 福祉心話会 スポンジアート開発室 室長 清水 健三

角谷 凛栄瑠

かどや りえる

2007年生まれ・神戸市

作者写真

「ばあちゃん、何作って欲しい?」から始まり、ダンボール、ハサミ等を使って頭に描いた事を立体裁断。米粒ぐらいの小さな物もありその手の動きは見事な事!「ばあちゃんもこんな手が欲しいなー」というと、とても満足気な顔。一所懸命さに感動し、作品の形はいびつでも、その事が、とても魅力的です。

祖母 角谷 英子

古賀 崇裕

こが たかひろ

1996年生まれ・神戸市

作者写真

ハートがちりばめられた優しい世界観を、ポップな塗りの作品やモダンなラインを使った作品など、様々なスタイルで表現します。シュールにも見える人物やキャラクター像の中に愛らしさがあふれていて、とても楽しげに創作されています。

社会福祉法人 神戸聖隷福祉事業団 神戸光生園 支援員 天野 知子

髙橋 みどり

たかはし みどり

2005年生まれ・神戸市

作者写真

幼い頃より絵が好きで絵画教室に通い始めましたが、今では絵を描き始めると時間を忘れて自分の世界に没頭します。色鉛筆や絵の具を重ねて私たちが思いつかないような色を表現するようになりました。彼女が表現する色彩を多くの方に観ていただければ幸いです。

父 髙橋 大作

抱江 篤子

だきえ あつこ

1956年生まれ・養父市

作者写真

時々絵にも描かれますが震災の体験が頭の中にはあるようです。が、それを振り払うように集中して描いておられます。色彩感覚は秀でる物があり、見る当方を驚かせます。集中力が持続する事にも驚きです。最近2年間ぐらいは年に1枚完成すればいいほうで年間を通じて1つの作品に集中されます。

社会福祉法人 さつき福祉会 琴弾の丘 支援員 田村 豊

西村 洋

にしむら ひろし

1996年生まれ・尼崎市

作者写真

絵を描く対象は、いつもおっちゃんです。どのような題材でも、おっちゃんを描きます。 自分のなかで、一つのプロポーションがあり、胸が厚く、足は長く三角の足をした人物を描きます。描きだしたら、一気に仕上げるのが特徴です。最近は、おばちゃんも描いてくれます。そして、もう一つの特徴はいつも英字と数字が入ります。雷のようなパターンもいつもバックに入ります。独特の西村洋の世界で描いてくれます。結構、人の動作や動きを観察しているのには驚いています。西村洋ワールドに今後も期待しています。

一般社団法人 福祉心話会 スポンジアート開発室 室長 清水 健三

服部 秀則

はっとり ひでのり

1968年生まれ・神戸市

作者写真

服部さんは、神戸っ子の誇りである神戸の山と海、象徴的な建物を乗り物で繫ぐという夢を表現します。交通機関で働く友人への想いや、毎日神戸の街をきれいに保ってくれるごみ収集車で働く人々への感謝などを描きたいとおっしゃっており、その想いが我々に驚きと感動を与えてくれます。地上に出た地下鉄など遊び心と感性も服部さんの魅力です。

神戸インキュベーションオフィス ビジネスアドバイザー 土井 尚人

保田 晴代

やすだ はるよ

1978年生まれ・神戸市

作者写真

毎日休まず絵日記を描いています。それを集めて、一つの作品にしました。毎日参加されている活動(歩行運動や塗り絵)の場面の他に、外出や通院の様子が描かれている日もあります。風景や人物等、保田さんの目を通して特徴をとらえて表現された毎日を、「この日はどんなことがあったのかな」と考えながらじっくりご覧ください。

社会福祉法人 樅の木福祉会 あさぎりの里 支援員 髙妻 純子

  • お問い合わせはこちら

    TEL078-743-8092、FAX078-743-8180

    〒651-1106 神戸市北区しあわせの村1番1号
    (公財)こうべ市民福祉振興協会事業推進課
    こころのアート展 係
    E-mail:

  • こころのアート展募集要項
  • ※募集は終了いたしました。