トップページ の こうべのユニバーサルデザイン の こうべUD大学【平成24年度 前期】

平成24年度こうべUD大学

 平成24年度【前期】講座開催日

第1回 平成24年5月12日(土曜)

第2回 平成24年6月2日(土曜)
第3回 平成24年6月23日(土曜)
第4回 平成24年7月21日(土曜)
第5回 平成24年8月18日(土曜)
第6回 平成24年9月15日(土曜)

 こうべUD大学(前期)講座内容

  • こうべUD大学【第1回】

田中先生による講義 受講生による発表の様子

2012年5月12日(土)
 こうべ市民福祉交流センターにおいて、第1回こうべUD大学講座が開催されました。
摂南大学理工学部教授の田中直人 氏をお迎えし、「ユニバーサルデザイン総論」の講座に始まり、ワークショップを開催。
ワークショップでは、まちのなかのユニバーサルデザインについて、受講生同士で意見を出し合い、
神戸をよりよい街にするために、さらにユニバーサルデザインにするにはどうしたら良いかということをひとり一人で考えました。

 

  • こうべUD大学【第2回】

車いすで真光寺 車いすで地下鉄

2012年6月2日(土)

「清盛ゆかりの地をめぐるユニバーサルツーリズム」講師は、NPO法人ウィズアス神戸ユニバーサルツーリズムセンター代表の鞍本長利 氏です。
一行は、まず「ハーバーランド駅」に集合し、車椅子を順番に乗ったり、押したりしながら、「中央市場前」→「おおわだ橋」→「清盛塚」→「真光寺」→「能福寺(兵庫大仏)」を巡りました。受講生は、街歩きの体験を通じて、まちなかのユニバーサルデザインについて考えました。

 

  • こうべUD大学【第3回】

板垣先生による講義 受講生による発表

2012年6月23日(土)
 NPO法人アイ・コラボレーション神戸の板垣宏明 氏をお迎えし、「情報を活用して広げる自分の未来~情報のUD」を開催しました。
板垣氏による講座を受けた後、受講生は、一番見やすいフォント(文字)の見比べや、よりホームページを見やすくするにはどうしたらいいかを、神戸市のホームページとしあわせの村のホームページを見ながら意見を出し合いました。

 

  • こうべUD大学【第4回】

ものづくりの様子 ものづくりの様子

2012年7月21日(土)

 HUMANユニバーサルデザインオフィス代表の岡田英志 氏をお迎えし、「高齢者、障がい者の生きた意見を~ものづくりのUD」を開催しました。

 岡田氏による自助具の考え方や紹介を受けた後、受講生は、微力でかける鉛筆、コップに固定されるストロー、食べやすいスプーンを、個々に工夫しながら、工作しました。

 

 

  • こうべUD大学【第5回】

トレーニングジムでマシン体験中 日本庭園前の触地図を触る受講生

2012年8月18日(土)

(財)こうべ市民福祉振興協会、事業係長・佃による「しあわせの村のUD」を開催しました。しあわせの村のUDの取組を聞いた後、UDの視点から日本庭園、スポーツジム、浴室等を見学しました。講座を終えた受講生からは、「しあわせの村にはよく来るが、こんな取組をしているなんて知らなかった。」という感想が多々ありました。

 

 

  • こうべUD大学【第6回】

受講生まとめの様子 受講生集合写真

2012年9月15日(土)

摂南大学 理工学部 教授の田中直人氏の進行のもと、「前期講座のまとめ・修了式」を開催しました。受講生のみなさんは、①今までの講義を受けて、どのようなことがあったか。②さらにUDにするにはどうしたらいいのか。③これから自分がやろうと思うこと。をまとめました。その後の修了式では、30名の受講生が修了証書を受け取りました。

<受講生の声>

今までの講義を受講して、「まちづくり」「ものづくり」において、相反する障がい同士を避け、上手く組み合わせることが必要だと感じた。

限られた環境ばかりではなく、より多く社会参加し、関わりを持つことでお互いを知ることが大切だと思った。社会全体がUDの考え方を持つようになってほしい。

 

ページの先頭に戻る